「絵本」で「平和」を「未来」につなぐプロジェクト

コープこうべで平和活動をすすめる「平和企画の会」のメンバーが中心となって、
「絵本」を通じて「平和」を「未来」につなげるプロジェクトチームを結成

絶えることのない世界の紛争問題。自然災害による経済の困窮、
さらに、新型コロナウイルス感染拡大による社会不安。
分断や閉塞感が感じられ、未来が見えにくくなっている今。
子どもたちに「絵本」を通じて、「平和」への思いをもち明るい未来につなげたいとの思いから、
『未来の子どもたちへ おすすめ絵本!教えてください』を企画しました。

みなさんの心に残る絵本を紹介いただき、おすすめ絵本リストを作成。
そのリストから希望された絵本を、いろいろな活動をしている団体や施設に800冊寄贈しました。
寄せられたコメントは約700。469冊がリストアップされました。

寄贈先からのコメント

ふきだしをクリックすると、全文を表示します

平和のカンパについて

「平和のカンパ」は、もともと、1982年にニューヨークで開催される「第2回国連軍縮特別総会」に、コープこうべの代表者を派遣するために、1981年から「100円カンパ」にご協力をお願いしたところから始まりました。
その後も、平和の活動を支えるために、毎年、8月に集中的に募金活動に取り組んでいます。募金は、広島・長崎原爆病院への寄贈や、各地区で行われる平和の取り組みに助成。また、「未来の子ども」たちへ平和をつたえるために、虹っ子平和スタディツアーや平和学習会に活用しています。2021年度は、「未来」を見つめる子どもたちに絵本を寄贈しました。

詳しくはこちら

組合員さんから紹介していただいたおすすめの絵本です!