【誰かのために】経験がなくても、自分ができる事をやっているだけなんです。

いまできること

コープともしびボランティア募金

コープともしびボランティア募金

(公財)コープともしびボランティア振興財団は、阪神・淡路大震災直後、市民から自発的に発生したボランティア活動を広げるため、1996年にコープこうべが設立しました。コープこうべが、財団の活動資金を募るために毎年募金推進月間を設け募金を実施し、財団へ寄贈しています。

使途
兵庫県内で、住みよい地域づくりに貢献しているボランティア活動へ助成。
店舗で募金する
店舗設置の募金箱にお願いいたします。10月に実施しています。
コープともしびボランティア拠金

コープともしびボランティア拠金

大阪北地区内での自主的な福祉ボランティア活動を、組合員の金銭的な善意を持ち寄り支援する制度で、1982年に発足しました。以後継続して活動を支援するための資金を募るため募金を実施しています。

使途
大阪北地区の組合員による自主的な福祉・ボランティア活動に助成。
店舗で募金する
店舗設置の募金箱にお願いいたします。
4月・5月・7月・9月・10月・11月に実施しています。

募金について知りたい

コープこうべでは募金をめーむや店舗で実施し、集まった募金を
各種組合員のボランティア活動や、寄付や援助に役立てています。

コープこうべ全体の活動報告

  • 「お米を贈ろう 助け合い募金」にご協力ありがとうございました

    店舗(3月1日~31日)、協同購入・個人宅配(3月9日~20日)を通じて、「お米を贈ろう 助け合い募金」への協力を呼びかけました。お寄せいただいた募金額を報告いたします。組合員の皆様から大きなご支援をいただき、誠にありがとうございました。

    募金額:10,271,315円
    (内訳)協同購入・個人宅配 9,510,500円/店舗・その他イベント 760,815円

    皆様から寄せられた募金の活用方法
    「お米を贈ろう 助け合い募金」で集まった募金は、全農パールライス(コープライスセンター)でお米に替え、社会福祉協議会をはじめ、コープこうべとつながりのある市民団体、子ども食堂運営団体、フードバンクなどを通じて、必要とされている方々にお届けします。

ボランティア活動について知りたい

コープこうべでは、組合員の地域の生活を
いろいろなボランティア活動で支援する取り組みをしています。
できる事をするだけで、生活の支援につながっています。