menu

【もっと知りたい】「うれしい」「たのしい」のタネって、日常のなかにいっぱいあるんです。

知りたいから考える

コープこうべでは、生活のこと、世の中のこと、を食活動や学習で学び、
普段の生活が充実することを目的に活動しています。

食べものを“つくる”から考える

  • 環境共生型農園エコファーム

    食品廃棄物のリサイクル、有機質肥料での野菜の生産、農業と農業者の学習の場、という3つの機能を併せ持つ「エコファーム」では、組合員のみなさんが、農業を実際に体験し、学習できるプログラムをご用意しています。

    エコファーム
  • とれぴち・とれしゃき

    地元の食材を選び、食べることが、地元の産業、生産者を守ることにつながります。産業が元気になると、食べものを生産する環境も適切に守られます。「ひょうご地魚推進プロジェクト(とれぴち)」「兵庫地場野菜振興プロジェクト(とれしゃき)」では、こうしたつながりについて、売り場でのミニ調理講習、料理会、産地体験などを通じて学んでいます。

    食育活動モデル事業報告書
  • みんなの牧・里プロジェクト

    耕作放棄地が増え、景観や地域の活力低下に危機感をもつ地元の住民が作る協議会と連携し、農業、食べもののことを学びながら地域活性化にもわずかでもお役にたてればとスタートしたプロジェクト。植付け、収穫イベントのほか、家族やグループで、野菜を育てたり、援農をしたり、竹林整備を行う「チャレンジャー」プログラムなどを展開しています。

食べものを“生物多様性”から考える

コープの森・社家郷山

京都議定書が発効し、人々の地球温暖化への関心が高まりつつあった2008年。温暖化防止と生物多様性、さらに、それらとくらしの関連性を学ぶ場として活動をスタート。西宮市にある里山で、兵庫県「企業の森づくり制度」の第1号として、専門家のアドバイスのもと、市民や職員のボランティアが関わって整備と学習をすすめています。
10年が経過し、今後は学校、企業、市民など、地域で活動する各主体が社家郷山に愛着を持ち、学習と活動が末永く継続できる形を西宮市とともに作りあげていきたいと考えています

社家郷⼭で実施している
イベント・活動

エコひろば

⾥⼭の魅⼒と⾃然の中での活動の楽しさを体感する導⼊プログラム。基本は半⽇コース。⼭なんか出かけたことない・・・という⼈も、まずは気軽に参加してみてください。

遊ぼう屋

⾥⼭の役割、私たちの⾷べ物やくらしと⾃然、環境がどのようにつながっているかについて、ちょっぴり踏み込んで学びます。野外調理で参加者同⼠が楽しく交流する回もあります。

ボランティア
育成セミナー

社家郷⼭と甲⼭周辺のエリアで、ボランティアにご協⼒いただくための基礎講座です。初歩からていねいに学習しますので、野外活動や⼭の整備はまったくはじめてという⼈も安⼼してご参加ください。

ボランティア定例活動

「にしのみや都市型⾥⼭ボランティア育成セミナー」を⼀定要件で修了した⽅に、登録し、活動していただけます。⽉1〜2回、活動を⾏っています。

尼崎の森

兵庫県が2002年に策定した「尼崎21世紀の森」構想のもとで、地元の市民団体、企業が参加して緑化をすすめています。緑の少ないこのエリアに、周辺地域で育てられた在来の苗木を植え、育てることで、昆虫、鳥など生きものが生息する場をつくっています。都市部に住む子どもたちが楽しく自然に接し、関われるフィールドとしての活用をすすめています。

食べものを“エシカル”の視点で考える

コープこうべをはじめ生協では、“だれかの笑顔につながるお買物”をキャッチフレーズに、「公正な社会の仕組みが作り出せたら」「豊かな地域を作り出せたら」「地球環境を守り続けることができたら」「人々の“生きる”を支えることができたら」の4つの視点で「エシカル消費」の学習と実践をすすめています。中でも、「地球環境を守り続けることができたら」の視点には、購入するごとに、商品代金の一部が、原材料の生産環境保全活動に寄付される商品や、“人と自然にやさしい食べものづくり”をコンセプトにしているフードプラン商品などがあげられます。

食べものから健康を考える

家庭料理研究会

生活者の立場から、食を通じたよりよいくらしづくりを提案し、広める組合員のグループです。コープ委員会やくらぶ・サークルが地域で展開する食生活活動のサポートや事業と連携した食提案活動を行っています。

クッキングサポーター

各地区活動本部がすすめる食分野の活動を実践的に広げる役割を担う組合員メンバーです。店頭普及活動やイベント等での学びの支援を行っています。

BDHQ

「バランスよく食べましょう」「塩分の摂り過ぎに注意しましょう」・・・今や多くの人が大なり小なり気にかけて食事をしていると思われます。でも、自分の食事のどこがバランス悪いのか、塩分摂取は適切なのか、といった個々の状況を把握している人は少ないのではないでしょうか。BDHQ調査(brief-type self-administered diet history questionnaire)で、あなたの“食べくせ”をはかって、食習慣見直しのポイントをみつけます。

ひょうごまるごと健康チャレンジ

日本人の平均寿命は男女とも世界第2位を誇っています。その一方で、平均寿命と健康寿命の差が10歳以上あり、健康なシニアライフを手に入れるためには、一人ひとりが若い頃から健康習慣をつけ、継続して実践していくことがポイントとなります。「ひょうごまるごと健康チャレンジ」では、「食」「運動」「睡眠」「心」といった、健康を形づくる取り組み項目を提案しています。各自のライフスタイルに合わせて目標を設定してもらい、継続して取り組むことをサポートします。

レインボースクール

知っておくとちょっと役立つくらしのヒント、コープ商品のかくれた魅力がいっぱい! お近くのお店やコープのつどい場で開催します。

開催スケジュールはこちら

やるもん!出前講座

コープこうべではよりよいくらし方をお伝えできる学習会がいっぱい!グループ・団体などの地域へ出向きます。

くわしくはこちらPDF

くらぶ・サークルの紹介

相生歴史研究会 古文書に学ぶ会

相生市には古文書を解読する人材が存在しないので、その育成を目指して、平成26年に結成し、続けている。毎月第2週の水曜日に、近代姫路大学の特任教授竹本敬市先生を招いて学習をしている。

毎月第2水曜日 15:00~17:00

コープデイズ相生 組合員集会室

キッチンサロン三田

コープ商品や季節の素材などを利用して、食の安全、健康管理、エコな調理などの意識を高めるのを目標に、月に一度調理実習と試食会を行っている。材料の買い出し、下ごしらえなども当番制でみなで分担、参加している。

毎月第3火曜日 9:00~13:00 (準備、後片付け含む)

コープ三田西組合員集会室

リフォーム料理

定番のおかずを作ってそれをもとにいろいろなおかずに変えていく料理の研究をしています。

第3土曜日 10:30~12:30

ふれあいセンター藤の里

神戸スピーチサークル

話し方の勉強会。人前でうまく話せない、あがって思う事が話せない、悩みをなくすための勉強サークルです。月2回定例勉強を行っています。

年24回、第2(土)18:00~、第4(日)10:00~いずれも2時間(月2回)

兵庫勤労市民センター内

ページの先頭へ

よくあるご質問組合員になるには個人情報保護方針